薬剤師募集を受ける前に転職について考えてみよう!

薬剤師を目指す

薬剤師が転職するのが最も多い年代が30代です。
この年代での転職が多い理由は、結婚や出産などで一時退職していた人が、職場に復帰することが多い年代だからと言われています。また、自分のキャリアなどについても方向性を決めていくのにちょうど良い年代であることも、理由の一つです。30代での転職を失敗させないためには、職場を選ぶときどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

転職は年齢を重ねるごとに難しくもなっていきます。それは薬剤師も一緒のことです。
募集は様々なところで行われてはいます。薬局などでも求人ページを設けて募集を行っています。
たとえばこのように薬剤師の募集を行っている薬局があります。

募集の場所は広がりつつありますが、転職となるといろいろな注意点がでてきます。
今回は、薬剤師が転職する際に、注意する点についてご説明します。

転職の理由をしっかり持とう

あなたが薬剤師として患者さんとなるべく近い環境で、しっかりと向き合えるような仕事がしたいのなら、調剤薬局やドラッグストア、街の薬屋さんなどへの転職が良いかもしれません。また、キャリアアップのために特定の病気や薬剤についての知識を深めたいなら、それに特化した専門病院への転職をおすすめします。そして、もし収入アップを望む場合は、病院での勤務より、一般的に給与が高いとされているドラッグストア内の薬剤師として働くのが良いでしょう。

錠剤とカプセル

でももし「若いうちは学習もできる環境の職場で働きたい」と考えるなら、病院勤務が良いかもしれません。ドラッグストアは、例え年齢が高くなっても雇ってもらえることが多いからです。このようにして転職の目的を明確にさせることは、当然のことのようにも見えますが、転職を考えたとき一度に色々な募集情報を目にすると、自分の方向性を見失ってしまうことがあります。自分の思いを再確認し、それに見合った条件の募集かどうか見極めて転職活動をしましょう。決して目的がぶれないようにするのが大切です。

募集要項のチェックは入念に

どのような条件での募集かよく読んでおき、面接で質問したいことは事前にまとめておくことをおすすめします。こちらも当然のことではありますが、面接官の言葉やその場の空気に流されて、思いがぶれてしまわないようにする対策の一つです。

転職サイトがオススメ

転職サイトに登録すれば、色々な職場をまとめて見ることが出来ます。
薬剤師は専門職ですから、その業界の情報をより多く持った転職サイトを多いに利用しましょう。もちろん、薬剤師の知り合いなどがいて、募集のある職場をすすめてもらったり、紹介を受けることが出来れば、それでも良いでしょう。

面接の注意点

募集要項に書かれている内容と、実際の職場環境や働く条件に違いが無いかどうかです。募集要項を信用しきっていて、いざその職場で仕事が始まると、書かれているのとまったく違う条件になっていたという失敗はよくあることです。面接では、募集要項の内容が事実であるかどうか、確かめられるチャンスですので、あまり遠慮せずに気になったことは質問しましょう。

職場見学がポイント

その職場で薬剤師としてどのように働いていけるか、この時点でしっかりと判断しましょう。
この職場見学はできるだけどんな転職でも取り入れることをオススメします。
もしかしたらこの時点で「募集要項や面接官の話と違う」点が見つかるかもしれませんし、薬剤師の転職なら実際にその職場に勤務するスタッフや常勤の薬剤師から職場環境について聞けるかもしれない良いチャンスです。職場見学で面接のみでは得られない、生の情報を手に入れるチャンスなのです。(この時点でもし、面接官が嘘をついていたことが分かれば、その職場はおすすめできません)。
転職で後悔をしないためにもしっかりと見定める時間と場所が必要となってきます。後悔しない転職をするために、気を付けておいたほうが良いことをまとめたサイト「転職で後悔しない方法まとめ」があります。
転職をお考えの方は目を通してみてくださいね。

いかがでしたか。このように、薬剤師の転職には「転職する目的を明確にすること」、「募集要項の記載内容と実際の職場に違いが無いか確認すること」が大変重要になってきますので、ぜひ転職の際は参考にしてみてください。