薬剤師の募集の背景も見ながら転職を考えよう。

正規雇用社員とパート、アルバイト

資料を確認する

薬剤師のワークスタイルは、正規雇用社員だけに限定することはできません。
意外かも知れませんが、パートタイマー、あるいはアルバイトで活動する薬剤師も少なくありません。実際に募集している求人も多いです。正規雇用社員とパートやアルバイトの相違は、勤務する時間や勤務日になります。

正規雇用社員においては1週間に5日、1日につき8時間などと勤務する時間が決定されていて、 これ以外の勤務の仕方は認められないです。

パート、アルバイト

自分自身の都合が良い日やわずかな期間だけ勤めるということも実現できるのです。 とりわけ出産や育児のため辞めた人が、 パートもしくはアルバイトといった形で募集されている仕事に戻るケースが多くなっています。
薬剤師の仕事については別の職業とは異なり1時間の賃金が高いので、 募集されている短時間勤務さえも相当良い収入額を得ることが可能です。

募集の背景

薬剤師が求められる数と比較して、資格を保有している人が少ないこともあって、 募集しても人が来ないという薬局又はドラッグストアが多くあるといえます。
従って仮に短い時間であっても仕事に従事してくれる方がいれば、 店舗としても助かることになるのです。 育児や介護を行なっている方は、勤務する時間がやはり制限されます。
お子さんを保育園まで送ったり、習い事に帯同するのに時間を奪われてしまうためです。 そのような方達にとって、短い時間でも仕事が出来るパートであったりアルバイトの募集は 非常に重要なものになります。

休んでいた時間が長くなると仕事の感覚も鈍くなってしまいますので、 短い時間の勤務であっても仕事が出来ると、時間が作れた時に円滑に薬剤師の正規雇用社員という形で復帰できます。